スポンサードリンク

歯周炎

歯周炎(歯肉炎)とは


歯周炎も歯肉炎も歯周病の疾患のひとつです。

歯周病は、歯周組織に発生する疾患の総称とされています。

歯垢が主要な原因の一つである疾患が多いのですが、単に歯垢のみでなく、多くの複合的要因によって発生するものです。

また、歯垢が一切関係ない、非プラーク性の歯周疾患も多数存在します。

歯周病のうち、歯肉に限局した炎症が起こる病気を歯肉炎、他の歯周組織にまで炎症が起こっているものを歯周炎といい、これらが歯周病の二大疾患とされています。

歯肉炎、歯周炎といった場合、それぞれ、プラーク性歯肉炎、慢性歯周炎を指すのが一般的なようです。

歯周炎

歯周炎の症状


歯肉(歯茎)が腫れたり、出血するだけでなく、歯周病菌によって歯周組織のうちの「セメント質・歯根膜・歯槽骨」などが溶かされたために歯がぐらぐらし、歯が長く出っ歯に見えるようになる症状が「歯周炎(慢性歯周炎)」です。

歯周炎になると歯周組織が侵され、溶かされてしまいますので、いわゆる歯周ポケットが深くなり、歯周病の原因である歯垢が、より溜まりやすくなります。

普通の歯磨きでは歯垢を取り除く事が出来なくなるため、歯医者で治療を行わなければ症状が悪化し、最終的には歯が抜けてしまいますので注意が必要です。

歯周炎

歯肉炎の症状


歯周病の怖いところは初期の段階でほとんど自覚症状がないことです。

歯周病の初期段階では、まずプラーク中に含まれる歯周病菌の付着によって歯肉(歯茎)が赤く腫れて炎症を起こしたり、歯磨きで出血したりする「歯肉炎」になります。

この段階ではまだ歯周組織のうちの「セメント質・歯根膜・歯槽骨」は溶かされていないので歯がグラグラするなどの症状はありません。

歯肉炎の初期段階では、まず歯と歯の間の歯肉(歯茎)が炎症を起こすため自覚症状がないことが多く、仮に自覚症状があってもたいしたことがないと思い、そのまま放置してしまうと歯周組織が侵される歯周炎へと発展してしまいます。

この歯肉炎の段階で早めに治療を行う事がとても大切なのです。

歯周炎

歯周炎(歯肉炎)の予防、治療


歯周病には予防が大切なのですが、それでも日本人の多くが歯周病になってしまうのが現状のようです。

歯周病の予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。

歯磨きのCMなどで聞いたことのある方も多いでしょう。

プラークコントロールとは歯周病の原因である「歯垢(プラーク)=歯周病菌」の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法です。

正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本なのです。

また、歯石や歯垢を歯医者で除去してもらい、再び付着しづらくしてもらう治療法をスケーリング&ルートプレーニングといいます。

歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていない歯垢を歯医者で除去することによって炎症が収まっていき、歯周ポケットの深さも浅くなるため歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できるものとされています。

歯周病を治療して完治したという場合でも、1度歯周病になった人は再び歯周病になる可能性が高いので、再発を防ぐためにも歯周病治療後のメンテナンスが非常に重要となります。

歯周炎

若年性歯周炎


10代から20代の若い年代に発症する歯周炎を若年性歯周炎と呼ばれます。

この時期一般的に見られる歯周病は歯肉炎とされていますが、中には歯周炎を発症している人もいます。

プラークコントロールは割と良くできているにも関わらずX線検査の結果を見ると第一大臼歯と前歯を支える骨が吸収されていくのが特徴で、広汎型と限局型に分けることができます。

この時期に歯周炎を発症する原因は遺伝的な問題や免疫機能の異常とされていて、中でも白血球の機能が低下することと、特殊な細菌Aa(アクチノバチラス・アクチノマイセテムコミタンス)の感染によって起こるものとされています。

前歯の隙間が広がってきたり、食事の際に奥歯に食べ物が挟まったり、歯がぐらぐらする、といったような症状が見られたら出来るだけ早い時期に歯科医院を受診した方がよさそうです。

  1 2  次の5件>>



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。